激レア商材!
〜銀魂白夜叉フィギュア〜

<お願い>この記事は投稿されてから半年以上経過しております。
情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ギャグからシリアスまで!なんでもアリな漫画〜銀魂〜

2004年から、週刊少年ジャンプに連載中の漫画“銀魂”。2017年3月現在で実に13年も連載を続けている長寿漫画です。ギャグ性が非常に強く、他の漫画や現実世界をもじったパロディ要素がふんだんに盛り込まれているため、読者がヒヤヒヤするシーンが多いです。

しかしながら、時折シリアスなストーリーが長編として描かれることがあるため、ついつい読むのが止まらなくなってしまいます。下ネタなども迷うことなく描かれていますが、男性よりも実は女性の方がファンが多いとされています。

ズボラでグータラだけどやるときはやる男、坂田銀時

この漫画である主人公“坂田銀時”は非常に不真面目で何事にもやる気がない性格です。漫画内のキャラクターやファンからは主に“銀さん”と呼ばれており、親しまれています。名前の通り、髪は銀色をしており天然パーマで、タレ目なのなのが特徴。

そんな銀さんですが、自分が一度交わした“約束”については何があっても守ろうとし、そのためであれば自分の命までも賭けて戦います。

普段と大きくギャップがあるため、そこに魅力を感じるファンが多いようです。

銀さんが白夜叉と呼ばれる理由

漫画やアニメでも銀さんは時折“白夜叉”と呼ばれることがありますが、それはなぜでしょう。それはかつて銀さんは攘夷戦争にて志士として参加していたことが由来しています。現実の日本史でも攘夷戦争はあり、外国人を排除するという考え方の元に起こった動乱でした。

銀魂においては天人(あまんと)を江戸から追い出すための大規模な戦争として描かれています。そこで圧倒的な力で敵をなぎ倒していった銀さんは、「銀髪の髪(=白)を返り血で真っ赤に染めながら戦うその様が鬼神:夜叉」のように見えたことから“白夜叉”と呼ばれるようになったようです。

ちなみに、現実で夜叉というとインド神話に登場する森林に棲む神様のことをさします。

利益は少ないけど、中古でも転売できる銀さんフィギュア

ebay出品情報
ebay出品価格 ¥5,600
ebay出品手数料 15%
国際送料 ¥680
実質販売価格 ¥4,080

仕入れ情報
ヤフオク出品価格 ¥3,000
送料 ¥597
実質仕入額 ¥3,597

銀さんのこのフィギュアは、2012年1月に発売された初回限定版。白夜叉として剣で敵をなぎ払う様が忠実に再現されており、非常に躍動感があります。初回生産だけあり、当然現在では新規で手に入れることはできません。

しかし、海外ではサムライが非常に人気があるため、上手くプロモーションすればもう少し高値で転売できるかもしれません。

興味のある方は一度仕入れてみてはいかがでしょうか。


未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です