超激レア!
幻のバンダイ版遊戯王カード

<お願い>この記事は投稿されてから半年以上経過しております。
情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

今となっては超レア物!バンダイ版遊戯王カード


世界一の販売数を誇ったことにより、ギネスブックにも掲載された遊戯王カード。現在の遊戯王カードはコナミが監修しています。

でも実は、遊戯王カードの原型を作ったのは、コナミではありません。それはどこかというと、バンダイです。

バンダイ版遊戯王カードとは?

三体ものブルーアイズが一堂に会しています。

バンダイ版の遊戯王カードは、裏面が紫色であるのが特徴です。 現在発売されているコナミ版のカードはデザインも微妙に異なっています。遊戯王原作に登場するキャラクターたちもカードになっていて、それぞれに特殊効果があります。

バンダイ版の遊戯王カードのルール

バンダイ版の遊戯王カードはコナミ版に比べると、ルールがかなりあっさりしています。

  • 相手と同じ枚数のカードを用意してデッキとする
  • 自分のデッキからカードを5枚引いて手札委する
  • 手札から一枚選んで、フィールドにだす
  • 自分のカードの攻撃力と相手のカードの守備力を比較する
  • 自分のカードの攻撃力が相手のカードの守備力よりも高ければ撃破
  • 相手のカードを倒せても、自分のカードの攻撃力が相手のカードの攻撃力よりも低い場合は相打ち扱い。
  • バトルが終わったらデッキからカードを一枚引いて、手札に加える
  • お互いのデッキがなくなるまで繰り返す
  • 最後に倒したカードの星の数をカウントし、多い方が勝利
  • マジックカード・トラップカード・装備カードが手札にある場合、フィールドに伏せて置くことができる
  • フィールドに伏せたカードはいつでも使用可能
  • 一度使用したカードは墓地へ送られる
  • 自分もしくは相手のデッキがなくなっても、どちらかのデッキがなくなるまでゲームは続行される

今考えると不思議なルールですね。当時の子供達はこれをベースにして、オリジナルルールを作ったり、アニメと同じルールを採用したりして楽しんでいたようです。

バンダイ版で人気だったカードとは?

城之内の切り札カードですね。

バンダイ版のカードは当時カードダスで購入することができました。現在では生産されていませんが、遊戯王ファンの中にはバンダイ版のイラストが好きという方も多いです。

特に人気だったのが、”レッドアイズブラックドラゴン”です。禍々しいイラストは当時の子供達の憧れで、持っているだけでヒーローでした。個人的には、ブルーアイズホワイトドラゴン三体連結が好きでしたね。

転売するには勿体無い?バンダイ版コンプリートセット

今回紹介する商材は、バンダイ版遊戯王カードのコンプリートセットです。今では入手自体が困難なので、ファンにはたまらないレア商材となっています。

バインダーもセットになっているので、貴重なカードも綺麗に保存できますね。

カードなので送料もグッとコストカットできる

ebay出品情報
ebay出品価格 ¥16,768
ebay出品手数料 15%
国際送料 ¥580
実質販売価格 ¥13,673
※ebayの出品価格は、当時のレートでドルを円に換算した概算になります。そのため、時期よって価格が変動しますのでご注意ください。

仕入れ情報
ヤフオク出品価格 ¥9,000
送料 ¥80
実質仕入額 ¥9,080

バインダーを含めても、今回の商材は軽量なので送料が安いのも魅力的です。コストカット出来る分、利幅を多く出すことが出来ます。

初めての方でも挑戦しやすいと思いますので、興味のある方はチャレンジしてみてください。

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です